離婚を後悔しているあなたに待ち受ける復縁までの3つの難所

離婚を後悔しているあなたに

好きで結婚したけれど一緒に暮らすうちになんだかすれ違ってくるのを感じてしまう。
そんな気持ちの積み重ねで冷めていくふたりの関係。
なんだか結婚している意味が無い気がして、そして離婚。
でも勢いで離婚してしまったけれど、少し距離を置いてみると元旦那・元妻の良いところをなんだかたくさん思い出してしまう。
そして元旦那・元妻も同じ気持ちだとわかる。
そんな時もう一度やり直したら今度こそ上手くいくのではないか、そんな風に考えることって意外に多いんです。
でも恋人同士の復縁ではなく、結婚し離婚した同志の復縁にはとても注意が必要です。
離婚からの復縁にあたって心得ておくことを3点にまとめてみました。

離婚からの復縁【3つの難所】

不満を冷静に元旦那・元妻に伝えられるか

のど元過ぎればで、以前の不満を全く忘れた状態でもう一度結婚してもまた日々の生活の中で同じ不満が起こってきます。
そんなことにならないために、復縁する前にお互いにはっきりと冷静に改善してほしいところを伝えましょう。
離婚直前の感情的になっていた時とは違い、もうお互いに自分を見つめ直していますし、反省もしています。
同じ諍いを繰り返さないためにも、まずは冷静に話し合うことが必要です。

元旦那・元妻の親にきちんと説明をできるか

結婚はあくまで本人たちのことですが、実際に結婚してみると必ずしもそれがすべてではないと知ることができたと思います。
散々すったもんだのあげく離婚したのにまたもう一度同じ元旦那・元妻と結婚なんて、また同じことを繰り返さないか。
双方の両親の心配はそこにつきます。
ですのでもう一度それぞれの両親に改めて挨拶をして、素直に反省しもう一度やり直したいと思っていることを誠実に伝えることが大切です。

元旦那・元妻との子どもに丁寧に説明できるか

また子どもがいて離婚した場合にはもちろん子どもたちに丁寧に話をする必要があります。
ですがこれはできればしっかりと復縁が決まった後に話すほうが、実はよいのです。
まだはっきりと決まっていない段階で話してしまい、結局はだめになったということでは子どもに受ける心の傷は大きくなります。どちらも本当の親なので、新しいお父さんやお母さんが来る場合とは違うのだということをよく心しておく必要があります。

離婚からの復縁でもう一度幸せを

離婚からの復縁は、冷却期間を得たことで元旦那・元妻の良さをもう一度確認でき、実際に再婚してみるととてもうまくいく例も多いのも事実です。
ですがその中でまたダメになるケースももちろんあります。
それはそれまでの結婚生活で相手のことはもう十分よくわかっていると過信してしまうことです。
初めからやり直すのですから、もう一度初めて出会った時のように、元旦那・元妻のことをもっと知りたいという新鮮な気持ちで結婚生活を送ることを心がけていくことがとても大切です。



恋愛運を占う!

誕生日を入れるだけで恋愛運が占えます♪
恋愛運アップの秘訣をご覧ください!

生年月日