LINEで別れたふたりがLINEで復縁するには≪イマドキの恋愛≫

イマドキの復縁方法はズバリLINE!

ユーザー数も多く、誰もが使っているアプリ「LINE(ライン)」スマートフォンユーザーの何と9割がこのアプリを使っているそうです。

恋人同士のLINEのやりとりはほほえましいですが、一方でLINEが原因で別れたカップルも多いのも事実です。

そこで、LINEで別れを告げられたカップルの復縁方法をアドバイスしたいと思います。

LINEで別れたふたりがLINEで復縁する方法

LINEでありがちな別れ方

便利なアプリだからこそついやってしまって後悔する事も多いのですが、その中でも後悔すること第一位は、感情に任せて送信してしまい、彼から別れ話を切り出されたというパターンです。

LINEは基本的に送信した内容を消すことができないので、送信した内容をいつでも見返すことができるメリットの反面、感情に任せて書いた文章を、何度でも読み返せるというデメリットがあります。

面と向かってケンカをした時は、相手が何と言っていたかはあまり正確には覚えていないことが多いですが、文字で残っていると、冷静になった時再度読み返した時、送った方も送られた方も、精神的なダメージが大きいものです。

しかもLINEは消すことができませんし、文字で自分への暴言を吐かれるのは、面と向かって言葉で告げられるより傷つくことがありますので注意が必要です。

元彼からLINEをブロックされていないか確認する方法

復縁するには、彼から自分の番号やアドレスを消されていないか、ブロックされていないか確認することが大切。まずはLINEでブロックされていなかを確認してみることが必要です。

LINEの機能として、友達にスタンプを送ることができる機能がありますが、このスタンプを無事送る事ができたなら、あなたはブロックされていない証拠です。
(iphoneではこの方法を使う事ができませんのでご注意ください)

ここで注意しておきたい事は、スタンプをプレゼントしたら相手にも誰が送ってきたか分かってしまうという事です。この方法はどうしても確認したい時以外は使わない方が無難です。

もし彼にLINEブロックされていた場合

友達追加からグループ作成を選択、グループ名に伝えたいメッセージを書き込みブループへと誘う方法です。

この方法はあなたと相手の関係は良好な時でないと、無視されるだけで終わってしまいますし、一度しか使えない作戦なので、偶然を装ってメッセージを送る以外ありません。文章内容も未練がましいものは避けるようにしましょう。

ラインのタイムラインをフル活用

もしブロックされていないのであれば、LINEの機能をフル活用しましょう。

LINEにはタイムライン機能が付いていますが、友達登録をした人の情報を見ることができます。

そこにブログ感覚で、自分の日常や自分磨きに励んでいる姿を載せてアピールしましょう。彼があなたに嫌悪感を持っていないのであれば、あなたの行動に目を向けてくれる可能性があります。

LINEで復縁するには

LINEは便利なアプリですが、あまりにも便利なため使い方を間違うと、別れのきっかけとなったり、ケンカの種になってしまいます。

彼とつながりたくて、頻繁にLINEで連絡を取ろうとしたり、何度も送りつけてしまうとブロックされてしまいますので、連絡は自分からは極力取らないようにしましょう。



恋愛運を占う!

誕生日を入れるだけで恋愛運が占えます♪
恋愛運アップの秘訣をご覧ください!

生年月日